【テンプレあり】パワポプレゼン素材-シンプルかつミニマルな全40パーツ-

「【テンプレあり】パワポプレゼン素材-シンプルかつミニマルな全40パーツ-」のアイキャッチ画像
プレゼン用の資料・スライド作成のセンスがなくて…
初心者でも使える「見やすいシンプルな素材が欲しいな。
スライドのデザインにこだわらなくていいから、
「手抜きだ」と思われないようにシンプルかつミニマルなスライドにしたいな。

 

その要望、任せてください。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ

こんにちは、
97年生まれの「僕」です。

259個のアイテムと4.5畳部屋で豊かに暮らしているミニマリストブロガーです。
ミニマリストに関する記事を中心に色々なことをお伝えしています。
今日も記事を見に来てくださっているあなたにミニマルかつシンプルに情報を発信します。

今回は

「プレゼン資料 × ミニマルデザイン」

というテーマで記事を作成しました。

この記事では

 

シンプルかつミニマルなプレゼン資料の作成に役立つ素材を40個お渡しします。

 

ここでいう「パーツ」とは
資料・スライドの文字を分かりやすく、見やすくするための「枠線」や「見出しスタイル」、「図形」などの素材を指してます。

具体的には、以下のような素材たち。

  1. 見出しに使える素材:8個
  2. 重大なキーワードを伝えるときに使える素材:9個
  3. 箇条書きのときに使える素材:13個
  4. 変化や経過を表すときに使える素材:19個

以上のように全40個の素材は4つのジャンルに分けて用意しています。

 

記事中で40個すべてを画像でお見せするので、気になった素材があったらファイルをダウンロードしてご活用ください。

ミニマル×プレゼン資料

ビジネスシーンで人々の気持ちや考えに変化を与えるため行うプレゼンテーション。
相手に届ける言葉で人の心を動かすことも大切ですが、
人間の知覚の80%を占める「視覚」を使って思いや考えを伝えることの方が大事なのでは?とやはり思ってしまいます。

だからといって、作成に数時間もかけていられないというのも事実。
加えて、デザインにこだわりすぎると本来伝えたかったことも伝わりません。

そこで今回「シンプル・ミニマルデザイン」という使い勝手の良いデザインに絞ってパワポの素材を提供することにしました。

シンプル・ミニマルなデザインであれば、
作成時間の短縮にもなりますし、どんなプレゼン内容にも適応できます。
更には、あなた自身の伝える力と資料・スライド完成度とのバランスを保ちながらプレゼンできるというメリットもあります。

あまりにもこだわり抜いたプレゼン資料だと伝えたい言葉が耳に入ってこない。なんてこともありますから…

 

ということで、
ちょうど良いデザイン性手抜き感を感じさせないパーツ40個お見せしていきます。

 

プレゼンに使えるシンプル・ミニマルな素材40個

すべてお見せする前に、40個の素材の共通点をお伝えしておきます。

40個の素材の共通点

  • 円形」「四角形」「」「テキスト」しか使っていない
  • 使用する色は or グレー or

これには
・簡単な図形のみを使い作成のハードルを下げている
『色でどうにかしている感』を出さないようにしている
という2つの目的があります。

複雑な図形を使っていたり、色のバランスなどを気にしていたら、下手に時間がかかってしまいますし…。

それを踏まえて一つ一つ見ていきましょう。

 


1.見出しに使えるシンプル・ミニマル素材

日本語表記(ゴシック体・明朝体)2つ英語表記1つの3種類を見出しに見立てて掲載してます。
それぞれ資料・スライドの左上に配置しているイメージです。

1-1.見出し番号なし素材

本ブログの小見出しにも使用している見出し用のパーツです。
見出し・タイトルの横に縦棒一つ置くだけでそれっぽくなります。参考書・テキストで使われるあれです。

 

見出し・タイトルの下にサイズを小さくした文字を置けば、サブタイトルをつけられます

 

先頭の文字を大きくするだけでも見出し・タイトルらしくなったりします。

 

大きくした先頭の文字に丸い背景があれば、脱”手抜き感”。

 

1-2.見出し番号あり素材

ポイントは下線と数字の底を重ねること。

 

めちゃくちゃスタンダードな数字あり見出しパーツ。
図形で数字を囲むだけでこれまた脱”手抜き感”

 

PowerPointの図形配色のグラデーションっていつ使うんだ?って思いますよね。こういう使い方があります。
見出しを囲う枠のお尻部分(右側)を背景色に合わせると「ちょっとこだわっているな」と上司に思われます。ただし、見出しの最後の文字が消えないようにしてくださいね。

 


2.キーワードを伝えるときに使えるシンプル・ミニマル素材

「1枚のスライドにドン!と一言メッセージを記載して、聞いている人の視線を集めたい」
「スライドの中でも強調させたい言葉や部分に使いたい」

なんてときに使える素材たちです。

2-1.強調パーツ(囲むタイプ)

四角形でただ囲むよりも、四角形の角だけを残す。

 

四角形で囲みたい時には線の一部分の間隔を開けたり、「“”」をつけるだけで文字の強調になります。

 

2-2.強調パーツ(下線タイプ)

ただの下線を引くだけでは物足りない。端に丸や四角を付け加えるだけでも手抜き感がなくなります。

 

2-3.強調パーツ(文字ありタイプ)

左上に「Point」という文字をつけて、誰が見ても強調していると分かるようにしています。

 

強調したい文字を四角形で一度囲み、文字をかぶせる。
かぶせるテキストの背景はスライド背景と一緒にします。

 

文字の底と線をかぶせてます。
パーツ全体の高さが出ないため、省スペースになります。

英語の「g」や「y」は下線からはみ出ますが、それもまた良いかもしれないですね。

 


3.箇条書きに使えるシンプル・ミニマル素材

「スライドの構成は簡潔に!3~4点でまとめて記載して!」

資料・スライドの定石ですよね。こんなときに使う素材たちです。

3-1.起(基)点を明確にする箇条書き

3つ目のパターンは線の一部を取り除いてもミニマルライフという下に「衣」「食」「住」があると通じますよね。

「一部を取り除いても伝わる」

必要最低限のパーツで意味を伝える」

これぞ“ミニマルデザイン”だと僕は思います。

 

3-2.番号付きリスト(影付け)

リスト番号の下に影パーツをつけるだけでも脱“手抜き感”の効果が。

 

3-3.番号付きリスト(線)

ただ線を加えただけですが、リスト番号と文字の区別が明確になりますよね。

 

数字と線をかぶせたら、横方向の幅が省スペースに。

 

3-4.番号付きリスト(囲む×角)

若干数字を左上に寄せることで…?(心の声で「脱”手抜き感”」)

 

数字を四角で囲むだけでなく、数字の端と図形の端をぴったりと合わせるのも良いですね。

 

3-5.番号付きリスト(囲む×丸み)

丸みを帯びることで表現が少し柔らかくなりますね。

 

 

3-6.番号なしリスト

箇条書きした項目それぞれが「一文字」でまとめることができる。なんて時にはその「一文字」だけを抽出してみるのもありだと思います。

 


4.変化や経過を表すシンプル・ミニマル素材

数字・状況の変化を報告したり、示したりするのもプレゼン資料の役目ですよね。
かなりしよう頻度が多いような…。

4-1.前後の変化を表す

このパーツは テキスト/画像 問わず利用できます。

ポイントは

『矢印を使わないこと』

です。

変化の起点終点がわかっていれば、「矢印(→)」を使わない方がミニマル。

参考は下のツイートより…。

 

4-2.3つ以上の変化を表す(線と三角形)

3つの枠内の背景を段違いにすると変化していく様子を感じ取ることになります。

 

4-2.3つ以上の変化を表す(丸みを帯びる)

4-2.3つ以上の変化を表す(囲みなし)

スライドの横幅いっぱいに矢印を設置して、右横方向に遷移していることを示しています。

 

シンプルかつミニマルなパワポスライドイメージ

最後に、紹介してきた素材を使って3枚ほどスライドを作成してみました。
ご参考までに。

スライド適用イメージ

でも…。

全て白黒なので少し、『温度感』がないので少し寂しいですよね。

色付けをしましょう。

スライド適用イメージ(カラー付き)

色付きスライド (2)

 

をメインカラーとして色を付けてみました。

いかがでしょうか?
数か所に色を付けるだけで、かなり見やすくなったのではないでしょうか?

上と同じように企業・ブランドカラーを付け加えて活用してみてください。

 

改めて…

素材を構成する図形は「円形」「四角形」「」だけ。そしてテキスト。
シンプルかつミニマルな素材を組み合わせるだけで「見やすく」「伝わる」資料を作成することができます。

ダウンロードpptxファイル|シンプルかつミニマルなパーツ40個

気になるパーツ素材があった方は、
以下のファイルに40パーツすべて載せていますのでダウンロードして使ってみてください。

シンプル目次テンプレート

 

ちなみに・・・

今回はパーツのテンプレードを用意しましたが、

【目次】のテンプレートも用意しています。気になった方はこちらもご覧ください!

 


 

他にもミニマルかつシンプルに誰かのためになる情報をブログで発信しています。
ぜひ、ほかの記事も覗いていってください。

 

続けて読みたい記事①

続けて読みたい記事②

続けて読みたい記事③