朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足。って何を意味しているの?

「朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足。って何を意味しているの?」のアイキャッチ画像
「朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足」
って何を指しているの?

 

エジプト神話などに登場するライオンの身体と人間の顔を持った神聖な存在、あるいは怪物である“スフィンクス”は、通りかかる人間にこう問いかけたといわれていいます。

 

朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足。
この生き物は何か?

 

その意味とは…。

 

エジプト2019年に実際に訪れ、そのなぞなぞの存在を知りました

答えは以下の通りです。

答えは…。

朝を幼児期(四つん這いになり、よちよち歩きをする期)、昼を大人期(二足歩行する期)、夜を老人期(杖を突きながら歩くから実質3足歩行する期)という言い回し表現で、

▶ この文が示す意味は「人間」なのです。

ちなみにこの答えを導き出すことができなかった人間は条件なしに殺されてしまったという言い伝えもあります。

 

 



ミニマリスト僕アイコン 他にもミニマルかつシンプルに情報を発信しています。 ぜひ、ほかの記事も覗いていってください。

ミニマリストに関する記事はこちらから

記事の中で挿入するミニマル研究所ヘッダー

  続けて読みたい記事①

続けて読みたい記事②

続けて読みたい記事③

p>

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA