ミニマリストの僕はApplewatchを「あえて」手放した。その理由と代替時計

「ミニマリストの僕はApplewatchを「あえて」手放した。その理由と代替時計」のアイキャッチ画像
ミニマリストの人ってApplewatchを付けているイメージあるけど、
本当にそれでいいのかなって迷ってます…

 

なるほど。
ミニマリスト僕は以前までApplewatchを持っていました。
でも、手放しました。だって…。

 

 

こんにちは、
ミニマリスト5年目、97年生まれの僕です。

僕はミニマリストに関する記事を2日に1記事のペースで発信しています。
今日も記事を見に来てくださっているあなたにミニマルかつシンプルに情報を発信します。

ミニマリストApplewatch手放す

 

今回は「ミニマリスト×Applewatch」について考えます。

僕は先にも述べたようにApplewatchを持っていましたが、手放しました。
なぜ、Applewatchを手放したか。そして今現在はどんなスマートウォッチを使用しているのかを今回は紹介します。

 

ところで皆さんがApplewatchを手に入れようと思ったのはどのような理由からですか?

Applewatchを所有する理由

  • かっこいいから
  • iPhoneを使っていて互換性が良いから
  • ビジネスシーンでも使用できると思ったから

以上のような理由があげられると思います

 

僕も同じ理由からアップルウォッチを使用していました。
しかし、やはり良いモノにはいくつか不満もつきものでして…。
そして、その不満を解消する機能を持ち合わせたアイテムもありまして…。

 

というような不満やそれを踏まえて現在使用しているアイテムについても公開します。

 

 

Applewatchを手放した理由

1.バッテリーの持ちが悪い

Applewatchの最大の欠点ともいえるのがバッテリー持ちだと僕は思います。

睡眠の質を計測したり、歩数を常に図りたい生活をしているので「スマートウォッチを常時つけていたい」という自分の生活スタイルにはあのバッテリー寿命の短さはスタイルに合わないと考えました。

 

2.Applewatchの機能を使いこなしていない。

Applewatchの機能は

  • 通知機能
  • タイマー・アラーム
  • メッセージの返信
  • ミュージックの操作
  • コンパス
  • wallet機能

くらい。
もっとあるだろうけど、どれもスマホで完結します。

これらはいちいち開いて使う機能でもないし、一週間のうちにどれだけ使うだろう?と疑問に思う機能もかなり多い気がしました。

 

その中でも…。

その中でも「通知機能」はすごく助かっていました。
着信や大切のメールにすぐに対応できることが一番のメリットであるなと思います。

実はこの機能を求めてスマートウォッチを購入したという経緯があります。
スマホはつねにサイレントモードのままでポケットにいれていて、就活生のころに大事な連絡を逃したくないという思いがあり、通知機能を体に身に着けたい?(笑)という考えから購入しました。

 

3.Applewatchの機能はスマホで解決する。

Applewatchの機能はスマホで解決するということですよね。

タイマーをつけようとなった時に操作が安易なのは断然iPhoneだし、ミュージックの操作もiPhoneのロック画面やイヤホンのタップで済むし…。

パソコンがスマホに勝ることはあってもスマートウォッチはスマホに勝るこは現時点ではないのかなと思いました。

 

Applewatchの代替品

上で述べてきた理由からApplewatchを手放しました。

購入したスマートウォッチは巷で格安スマートフォン市場でトレンドになっているXiaomi社のMiBand5です。

MiBand5

出典:Amazon

MiBandを提供するXiaomiは中国に本社を置く総合家電メーカー。
galaxyやiPhone、Huaweiと肩を並べるスマホメーカーとして最近人気があります。

 

プロモーションムービー

Miband5

 

僕は、そのXiaomiのスマートウォッチとして販売されているMiシリーズの中のMiBandを選択しました。

特徴は3つです。

MiBand5を購入した理由

1.14日間のバッテリー持ち
2.睡眠の質を自動トラッキング
3.コンパクト設計

下で詳しく説明していきます。

 

MiBandの特徴

1.14日間のバッテリー持ち

MiBandの最大の特徴ともいえるバッテリー持ちは驚異の約14日間。
1か月に2、3回程度しか充電の必要はありません。

バッテリーが良いからこそ一日中、身に着けることができます。

 

2.睡眠の質を自動トラッキング

バッテリー持ちが良いからこそ実現できる睡眠のトラッキング。

これってApplewatchのようなバッテリー持ちがよくない端末だと少し厳しいです。
睡眠中にバッテリーを消費してしまい、次の日に使用できなくなってしまうので。

MiBandは端末上でアプリケーションを開かずとも自動で「浅い/深い睡眠時間」「就寝/起床時間」を計測してスマートフォンにデータを同期してくれます。

 

3.コンパクト設計

無駄のないデザインが特徴的です。
Applewatchにあるダイヤルや両サイドのボタンがないため、誤作動がありません。

 

これこそAppleが求めていたミニマルデザインなのでは?と思ってしまうくらいミニマルデザインです。

 


MiBand5を使うメリット

Mibandを使うメリットはいくつかありますが、僕が考えるメリットは以下の通り。

MiBandのメリット

  • 安価で最低限な機能と性能が手に入る
  • 軽く、腕に着けていてもストレスがない
  • デバイスを充電する回数が圧倒的に減る

下で詳しく説明していきます。

 

安価で最低限な機能と性能が手に入る

端末の価格は驚異の5000~6000円台。企業努力がすごいというか、Applewatchが高すぎるというか…

この価格帯で、Applewatchが備えている機能のほとんどは網羅しています。

出典:Amazon

iPhoneと変わりないGOODな機能

  • 通知機能
  • タイマー・アラーム
  • ミュージックの操作
  • 心拍数計測
  • ワークアウトトラッキング
  • カメラ遠隔操作
  • 万歩計

ほんとに遜色ない十分すぎる機能ですよね。

 

 

軽く、腕に着けていてもストレスがない

ディスプレイが細長く、重量もApplewatchの1/3とかなり軽くて普段使いにも最適です。

Applewatchの横についていたダイアルやボタンも存在せず手首に装着し続けてもストレスはありません。

 

デバイスを充電する回数が圧倒的に減る

スマホやPC、タブレットなど昨今色々な端末が増え、それに付随して充電という行動も増えてきました。その行動やバッテリーを気にしているストレスもMiBandで払拭できます。

月に2,3回しか充電しないで寝るときも電源供給が難しいアウトドア時も装着できます。

 

ApplewatchとMibandの比較

最後にApplewatchとMibandのスペック比較表を掲載しておきます。

横スクロールしてApplewatchとMibandを比較!

項目 Applewatch
(series6)
MiBand
重量 30.5g 12.8g
防水(水深50m)
バッテリー 18時間 14日間
タッチ決済 ApplePay 非対応
心拍数センサー
対応OS iOS 14.0 以降 Android 5.0 または iOS 10.0 以降

 

Miband単体では決済ができません。が、ほとんどスマホ決済ですのでいらない機能かなと思いました。

 

 

まとめ:Applewatchを「あえて」手放すその理由と代替時計

いかがでしたか?

今回は「ミニマリストの僕はApplewatchを「あえて」手放した。その理由と代替時計」と題して、ミニマリストがもともと持っていたApplewatchを手放したときに考えたこと、そして現在使用している端末について紹介してきました。

 

紹介してきたMibandのメリットについては以下の通りでした。

MiBandのメリット

  • 安価で最低限な機能と性能が手に入る
  • 軽く、腕に着けていてもストレスがない
  • デバイスを充電する回数が圧倒的に減る

 

「バッテリーの充電が大変」

「ストレスのないスマートウォッチが欲しい」

という方はぜひ購入を検討してみてください。一度トライアルで使ってみようかなと思って購入しても、この価格ですので、安心です。

 

低価格ですが、一年以上使用してきても機能・品質全く問題ありません。ぜひ、ご検討を。

 

紹介したアイテム

 

僕はミニマリストに関する記事を2日に1記事のペースで発信しています。
今日も記事を見に来てくださっているあなたにミニマルかつシンプルに情報を発信します。

続けて読みたい記事①

コップにだってミニマリストらしさがある!

 

 

続けて読みたい記事②

ミニマリストが使っているおすすめマネークリップ

 

 

 

続けて読みたい記事③

ガジェット好きはエコバッグもこだわりたい!