ミニマリストの冬服(男性編)~4種の寒さを耐える着こなし~

「ミニマリストの冬服(男性編)~4種の寒さを耐える着こなし~」のアイキャッチ画像
寒さが厳しくなる前に秋冬に着るアウターを揃えなきゃいけないな…
どんな着こなしができるだろう…
暑い夏も終わりを迎え、寒さが近づいてきていますね…
アウターをそろえなくても着るアイテムの工夫で何とかなりますよ。
僕はアウター1着しか持っていませんし。

寒さによって着る服を工夫すればOKです!

ミニマリスト僕ブログ プロフィール

こんにちは、
ミニマリスト5年目、97年生まれの僕です。

僕はミニマリストに関する記事を2日に1記事のペースで発信しています。
今日も記事を見に来てくださっているあなたにミニマルかつシンプルに情報を発信します。

 

今回はミニマリストのファッションについて。
中でも「ミニマリスト×冬服」に着目して発信していきます。

暑い夏が終わり、秋冬を迎えるにあたって
「涼しい」「肌寒い」「全身を締め付ける寒さ」などいろいろな体温の感じ方がありますよね。
多くの人は「今日はダウンの日かな」「明日はトレンチコートで良いな」などとアウター自体に変化を加えて体温調節をしますが、

ミニマリストの僕は違います。

「必要最低限の冬アイテムで体温を調整する」

です。

そこで、この記事ではミニマリストらしい考え方で寒い冬を過している僕がやっている「寒さに合わせた着こなし」を紹介します。
さらに多くのミニマリストが抱える冬服についての疑問に回答していきます。

この記事でこんなことが分かる!

  • ミニマリストらしく最小限のアイテムで秋冬を過ごす方法
  • ミニマリストの秋冬着こなしのアイデア
  • 多くのミニマリストが持つ冬のアウターの疑問について

以上が分かる記事になっています。
これから寒い季節を過ごす上で参考になると思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

ミニマリストの冬服アイテム

さっそく、
ミニマリストらしい考え方で寒い冬を過している僕がやっている「寒さに合わせた着こなし」をするために持っているアイテムを4点紹介します。

1.無印良品:綿であったかインナー

綿であったかインナー

乾燥した肌と化学繊維の摩擦がヒートテック症候群を引き起こすということを知ってからヒートテックとはおさらばして、2年ほど無印良品の「綿であったかインナー」にお世話になっています。

ヒートテック症候群?

乾燥した肌と化学繊維の摩擦により刺激を受けかゆみが出ること

コットンのそのものの特性を使って肌を温めてくれるますし、オーガニックコットンですので静電気の発生の心配もありません。

 

合わせて読みたい

ミニマリストの定番アイテムとして紹介済み!

 

 

 

 

2.less is:小さく畳めるカーディガン

ミニマリストカーディガンおすすめ

僕の大好きなミニマリスト しぶさんが手がけるブランド[less is]で販売されている「小さく畳めるカーディガン」は生地がしっかりしていて、風を通しにくく、暖かく感じます。

内側にはポケットもついていて、スマホやティッシュ、ハンカチを収納するには完璧なサイズです。
そのポケットは小さく畳んだときに収納袋に。

みんな大好き(?)ミニマルなデザイン。

ミニマリストカーディガンおすすめ

カーディガンの中では珍しくボタンや留め具がない設計で、身体のシルエットがきれいに見えます。

合わせて読みたい

おすすめTop3にあげました!ほかのおすすめは?

 

 

3.ユニクロ:ウルトラライトダウン

ユニクロウルトラライトダウン

出典:ユニクロ

ユニクロの冬の定番商品になりつつある「ウルトラライトダウン」シリーズ。
小さくまとまり、静電気防止加工、マットで上品な質感を感じるこのダウンは長年使用しています。

4.ユニクロ:ブロックテックコート

出典:ユニクロ

昨年まで着ていたコートが痛んできたので、今年の秋に新調した「ブロックテックコート
ユニクロとセオリーのコラボ商品で、レディースのラインではありますが形が好きなのと機能的なところに惹かれて購入しました。
※東京の一部の店舗では先行販売。全国展開は10月中旬。

雨をはじき、内側のムレは外に逃して快適な着心地を保つことができます。

 

 

番外編:冬の靴下のおすすめ

靴下についても工夫をしています。

それは5本指靴下です。

ミニマリスト五本指靴下

5本指靴下は足の指が縮こまらないので指の先まで体内の血液が行き渡り、身体全体をあたためます。

寒い冬を乗り越えるためのアイテムとして欠かせませんし、他にも色々なメリットがあります!
詳しくは過去の記事をご覧ください!

履きつぶしすぎて毛玉がすごいな

合わせて読みたい

靴下を五本指にすることにはこんな意味があった!

 

 

 

ミニマリストの冬服の着こなし~4種の寒さ対策~

以上で紹介してきたアイテムのみを使って僕は秋冬の寒さに対して、体温調節しています。
ではどんな気温の時に、どんな着こなしができるのかを紹介していきます。

1.気温15~20度の場合

「涼しい」よりも「肌寒い」と感じるような気温の日には長袖のカットソーに「小さく畳めるカーディガン」を羽織ります。
こういった気温の時って、「室内に入ったら暑い」ってことがたまにあるので「暑い」と「寒い」をすぐに調節できるようにしています。

小さく畳めるカーディガン

長袖のカットソーと小さく畳めるカーディガンの組み合わせ

暑いときに脱ぎ捨てて、テキトーにカーディガンを置いても大丈夫です。
「小さく畳めるカーディガン」はしわになりにくいという特徴もありますから。

2.気温10~15度の場合

東京では11月ぐらいの気温で、ニットや厚手の上着が欲しいなと思うような気温ですが、
その問題は

  • 小さく畳めるカーディガン
  • 綿であったかインナー

の2つのアイテムで落着です。

ミニマリストの着こなし

インナーとして「綿であったかインナー」を着る

寒い寒いと言いながら散歩して汗をかいていたら、自然とインナーのコットンが発熱して身体全体を温めてくれます。

3.気温5~10度の場合

とうとう冬も本格化して、朝起きて出勤するのも億劫になるくらいの気温ですよね。
そんな日の着こなしは、

  • 綿であったかインナー
  • 小さく畳めるカーディガン
  • ウルトラライトダウン

の3アイテムを使用して外出します。

ミニマリストの着こなし

朝晩の木枯らしが吹いても問題ありません。
ウルトラライトダウンがしっかりパワーを発揮して僕の身体に寒さを触れさせません。

 

また、内側のボタンを使用することでUネックとVネックの両方使える万能ダウンです。
プライベートではUネック、ビジネスシーンではVネックに。とシーンに合わせてスタイルを変更できることもお気に入りポイント。

vネックにしたときの画像(右) ビジネスのシーンでも活躍してくれる

4.気温5度以下の場合

もう地獄のような寒さですよね。
北の国出身の僕でも本当に何もかも嫌になってしまう気温です。

そんな気温の日には必要最低限のアイテムを最大限化して、防寒・防風機能を図ります。
使用するアイテムは

  • 綿であったかインナー
  • 小さく畳めるカーディガン
  • ウルトラライトダウン
  • ブロックテックコート

紹介してきた4つのアイテムすべてを駆使して寒さに挑みます。

ユニクロブロックテックコート

メンズライクなシルエットなので、レディースの販売だがメンズも十分着られる

 

ちなみに…

マフラーは使用しません。
「人に本来備わっている体温調節機能が衰える」ということを知っているからです。

「頭寒足熱」

という言葉を聞いたことがありますか?

頭、首筋を冷やし、足を暖めること。よく眠れ、健康によいという。四字熟語です。
サウナに入った後に冷や水を頭にかけたりしますよね。
ほかにも、風邪をひいた時には首や頭を冷やす。それと一緒です。

ある程度の寒さを首元で感じておくことは人間にとって必要なこと。
そんなことを聞いてからはなるべくマフラーを使わない生活を心がけています。

本当に死にそうな日にはマフラーしますけどね(笑)
その時に使うブランケット替わりにもなるので所有はしています。所有しているのはカシミヤ素材のマフラーです。
理由は肌にやさしい。それだけです。

ミニマリストの冬服 Q&A

最後にミニマリストの方々が持っている冬服にまつわる疑問の回答していきます。
これからアウターを購入しようと考えている。またはアウターや冬服の断捨離を考えている方に参考にしていただきたいです!

1.ミニマリストには何着の冬アウターが必要か?

アイテムの着こなし次第で寒い冬を乗り越えることができます。
現に僕も以上の着こなし術を使って昨年も一昨年の冬を乗り越えてきました。

ということを踏まえて「男性ミニマリストには何着の冬アウターが必要か?」ということへの回答は

一着でよい

です。

有名ミニマリスト しぶさんも、ミニマリスト あつしさんも冬のアウターは一着です。
お二人もアウターの中に着ているアイテムを工夫して寒さ対策しています。

あなたもインナーや羽織りものなどのアイテムに工夫をして、必要最低限のアウターを心がけてみてください。クローゼットでかさばる分厚いアウターを一枚ずつ断捨離することができますよ。

2.ミニマリストはどんな冬アウターを選ぶべきか?

具体的にこれ!というオススメはありませんが、

僕が冬のアウターを選ぶときのポイントがあります。

ポイントは以下の通りです。

選ぶときのポイント

  • メンテナンスが簡単
  • 毛織物ではない
  • 防風素材
  • ポケット多め
  • 軽い

以上。

ミニマリストの僕はかなりのめんどくさがり屋なので、クリーニングに出したりブラッシングをしたりすることが苦手なので、メンテナンスが容易なものを選びます。毛織物を選ばないのはそのためです。

「寒い」と感じる理由の一つに風があります。しっかり防風加工が施されている素材であるナイロン、アクリルを選ぶようにしています。

また、寒さをしのぐ意外にもポケットの多さや軽いという機能性も心がけています。
なるべく手ぶらで出かけたいですし、肩こりが心配ですし。

おじさんみたいですね

3.ロングコートか丈の短いジャケットか?

これに関しては…。

完全に好みによると思います。

一つ念頭に置いておきたいのはクローゼットの収納容量を加味して検討するべきです。
あとはあなたの服のスタイル合うか?ビジネスシーンとプライベートでも着ることができるか?などあなたの着用シーンに合わせて考えてみてください。

ちなみに、僕はロングコート派です。

(足の長さをごまかせるから…)

(スラっとした印象を与えるから…)

(雨で太ももあたりが濡れると不快だから…)

まとめ:ミニマリストの冬服(男性編)~着こなし~

いかがでしたか?
今回は「ミニマリストの冬服(男性編)~4種の寒さを耐える着こなし~」というタイトルで

  • ミニマリストが気温別に着こなすアイテム
  • ミニマリストの気温別の着こなし術
  • ミニマリストのアウターに関する疑問

について紹介してきました。

これから冬が本格的に始まります。
衣替えもありますし、これを機会に所有している冬服を見直してみませんか?

今あなたが所有している数個のアイテムの組み合わせで寒さは乗り越えることができますよ。
身の回りの冬服アイテムをじ~と眺めてみてください。
僕と同じようなアイテムがそこにあるはずです。

僕の所有している服は定番中の定番ですから。

ほら、そこにヒントがあります!

 

ミニマリスト僕ブログ プロフィール

これからもあなたのミニマリズムを支えるためにミニマルかつシンプルに情報を発信します。
ぜひ、ほかの記事を覗いてください。

続けて読みたい記事①

健康のために、あなたのために、5本指を!

続けて読みたい記事②

カーディガンを買うなら、この3つ!

続けて読みたい記事③

ミニマリスト流の服の選び方!